【ビーグレン口コミ】QuSomeホワイトクリーム1.9のシミ消し効果をレビュー!

シミや色素沈着、クマを改善したい!という方にとってはビーグレンのアイテムの中でも特に気になる、ハイドロキノン配合の「QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9」。
美白お試しセットの「ホワイトケアトライアルセット」に含まれており、私も注文して実際に使ってみました!

ハイドロキノン入りということでできてしまったシミや色素沈着にも効果が期待されますが、「肌の漂白剤」とまで言われるハイドロキノン、白斑や副作用が心配・・・という声もあります。

この「QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9」について、口コミや商品の特徴、使い方、注意点などを詳しくご紹介します。

ビーグレン口コミ】使ってみた!QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9のシミ消しレビュー


QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9。
まず購入したのはホワイトケアのトライアルセットです。
トライアルセットに入っているホワイトクリームは5gで、のちに15g入りの本品を使用しました。

【口コミ感想】QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9を7日間試したシミ消し効果

トライアルセットは1週間分とのことでしたが、規定通り使っても7日時点でまだ結構残っていました。

シミは頬の高いところに1か所。
7日間ではシミについて変化は全く分からず・・・。

顔色明るくなってきた?という感じの微妙な変化が見られました。

【口コミ感想】QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9を1か月間試したシミ消し効果

顔色は明らかにトーンアップしました!
でも、口コミをみると1か月でシミが薄くなったという人も多かったのですが、1か月では私のシミは特に変化なし・・・。
むしろ、顔色が明るくなったせいなのか?シミの色が際立つというか、目立つようになったような・・・!?とちょっと心配に。

【口コミ感想】QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9を50日間試したシミ消し効果

トライアルセット5gと現品15gとでだいたい2か月弱(50日くらい)もちました。

そして50日後・・・使い切った時には、シミの輪郭がボヤけた感じになりました!

完全に消えてはいませんが、これまではコンシーラーで隠した上にファンデーションでメイクしていたところ、シミのクッキリとした輪郭がなくなったのでファンデーションのみで隠せる状態に。

1か月目にはシミがむしろ濃くなったように見えたのですが、続けて良かった!

トライアルセットに付属していた使い方BOOKのQ&Aを改めて読んでみると記載がありました。

ホワイトケアを開始後、シミが目立つようになった気がします。

ホワイトケアでお手入れを始めると、まず顔全体のトーンが明るくなるため、一時的に今あるシミや目につかなかったシミが目立ってきたように感じることがあります。
丁寧なケアを続けていくことで、全体のトーンが整ってきます。このままお手入れを続け、経過を見てください。

まさにこれ。
単に「シミを消す」のではなく「全体のトーンを整える」んですね。

シミの部位は角質が厚くなっているため、他の部位よりも効果が出るのに時間がかかるんだそうです。

シミへの効果が気になったものの顔色は明らかにトーンアップしていたので信じて続けましたが、そこでやめていたら「逆効果!」と酷評してしまっていたと思います・・・!

ビーグレン】QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9・ハイドロキノンの効果とは?

ビーグレンの「QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9」に配合されているハイドロキノンについて、
「どんな効果があるのか?」
「安全に使える?」
などなど、詳しく見ていきたいと思います。

【QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9】ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンには

  • シミのもとを作らせないようにする効果
  • できてしまったシミやそばかすを薄くする効果があります。

つまり、シミの予防にも改善にも効果的ということ。

メラニンを作らせない!ハイドロキノン

肌は、紫外線、ホルモンバランスの崩れなどによってメラニンを作り出します。
このメラニンが過剰に蓄積してシミができてしまいます。

ハイドロキノンには、メラニン生成のもとである酵素「チロシナーゼ」の活性化を防ぐ効果があります。

「還元」力によってシミを薄くするハイドロキノン

メラニンは酸化によってシミになっていくのですが、「酸化」と逆の、「還元」の効果を持つのがハイドロキノンです。

つまり、ハイドロキノンには「還元」力によってシミを薄くしてくれる効果があります。

【QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9】ハイドロキノン配合で白斑や副作用の危険性は?

ハイドロキノンは、日本の場合2%までの配合であれば厚生労働省により許可されています。
濃度5%までであれば白斑トラブルの報告はなく、美容皮膚科などでは医師の処方によって2~4%程度のハイドロキノン配合化粧品も扱われています。
ビーグレンの「QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9」はハイドロキノン1.9%なので、市販の化粧品としてはギリギリの高濃度。

ハイドロキノン高濃度で副作用や白斑は大丈夫!?パッチテストしてみた!

ハイドロキノンは濃度が5%までならば白斑(白く色抜けすること)は起こらない・事例が報告されていない。とのことなのですが、

「白斑が怖い!」
「これまでに事例はなくても、自分にはトラブルが起こるかも・・・」

という声もみられたので、私も怖くなり(笑)念のためパッチテストしてみました!

ハイドロキノンパッチテストのやり方

パッチテストのやり方は簡単、ただ絆創膏のガーゼ部分にクリームをのせて、腕の内側に貼ります。


48時間後に剥がして異常がないか確認します。
もちろん、それより前にかゆみや刺激を感じたらNGなので中断しましょう。

水がかからないように入浴はシャワーのみにするなど面倒ですが・・・
私は幸い何ともなかったので、安心してQuSomeホワイトクリーム1.9を試すことができました!

肌が弱い方、心配な方は顔全体に使う前に試してみてくださいね。

【QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9】ハイドロキノンの効果を最大限に活かす浸透技術

ハイドロキノンはシミやくすみ改善に効果的・・・!なのにどうしてハイドロキノン配合の化粧品が少ないのか?
その理由は・・・

  1. ハイドロキノンは酸化しやすく不安定
  2. 濃度や期間に注意が必要。合わない人もいる

大きくはこのふたつ。

ハイドロキノンは酸化・変質しやすく、品質管理が難しいため、市販の化粧品には配合しにくいようです。
また前述のとおり強い効果により、濃度や期間によってはトラブルの原因となることがあり肌の状態に合わせて使用する必要があるため、医師のもとで使用するケースが多くなっています。

この問題点をカバーしたのがビーグレンのハイドロキノン安定化・浸透技術。

ビーグレンのQuSome(キューソーム)化した安定型ハイドロキノン

不安定なハイドロキノンを、効果的かつ安心して使うには、「安定化」させることが必要です。
「安定型ハイドロキノン」は医学的理論に基づいて処方設計しなければならないため、ビーグレンのようなドクターズコスメブランドは特におすすめ。

酸化などで変質することを防ぎ、刺激を抑えた「安定型ハイドロキノン」を、さらに独自の浸透技術「QuSome(キューソーム)」によって肌に効果的に届けることができます。

ハイドロキノンを肌バリアに近い成分の超微小カプセルで包むことによって、肌トラブルの元まで届ける。というしくみ。

「QuSome(キューソーム)」はそもそも化粧品ではなく薬を効果的に肌に浸透させるために開発された技術なんだそうです。

  1. 肌になじみやすいので早く効く
  2. 安定的に効果を発揮する
  3. 必要としている箇所に確実に届く
  4. しっかり留まるので効果が持続する

これらの働きによって、美容成分の効果が肌に届きやすく、効果が見えるのが早まります。

ビーグレン】QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9使用方法・注意点

「安定型」ハイドロキノンで濃度1.9%とはいえ、紫外線の影響によって変化しやすい成分であることに変わりはありません。
使い方をしっかり守りましょう!

【QuSomeホワイトクリーム1.9】使用方法

使うのは化粧水、美容液の後。
最後の保湿クリームの前に使用します。

  1. パール1,2粒大を手のひらにとる
  2. 額、あご、左右の頬、鼻の5点に置く
  3. 顔の内側から外側へ顔全体になじませる
  4. 顔全体を包み込むようにじっくりなじませる

【QuSomeホワイトクリーム1.9】使用上の注意点

シミに効果的・・・ということでシミの部分だけに塗り込むのかと思いがちですが、要注意です!

QuSomeホワイトクリーム1.9の注意点

  • スポット使いはNG。顔全体に継続的に使用することが透明感への近道。
  • ハイドロキノンは紫外線にあたると肌トラブルやシミの悪化につながるため、夜だけ使用すること。

シミやそばかすだけにスポット的に塗って薄くするというのではなく、全体の顔色のトーンを揃えていくため、顔全体に継続的に使うというのが大切です。

また、早く効果を得たい!とつい頻繁に使いたくなってしまいますが、紫外線の影響を受けてしまっては逆効果です。
夜のケアにのみ使用しましょう!

ビーグレン】QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9効果の良い口コミと悪い口コミ

アットコスメや公式サイトの口コミをご紹介します。

【QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9】良い口コミ

  • シミ、ソバカス、ニキビ跡に悩んでもうレーザーしかないかと思っていましたが、このクリームでかなり改善しました。
    トラブルを隠す必要が無くなり、肌全体が明るくイキイキした印象になったと思います。(20代)
  • クレイウォッシュ、QuSomeローション、Cセラムとこのホワイトクリームをライン使いしたところ、3か月くらいでシミが薄くなりました!(40代)
  • シミだけに塗るスポットタイプの高濃度ハイドロキノンを使ったことがありましたが効果が見られませんでした。
    こちらの方が濃度が低いのに、シミがだんだん薄くなってきました。
    濃度だけの問題ではないんだなと思いました。(30代)

【QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9】悪い口コミ

  • 薄いシミなのでトライアルだけでも効果があるかと思いましたが、特に変化がありませんでした。(20代)
  • ハイドロキノンに期待して、値段に躊躇しつつも2本購入し使い切りましたが、顔色は明るくなったもののシミへの効果は感じません。(30代)
  • 低刺激とのことなので敏感肌でも大丈夫かと使ってみましたが、痒みを感じて使用をやめました。(30代)

【QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9】みんなの口コミまとめ

シミへの効果は人によって差が大きいようでしたが、「顔色が明るくなった」という意見が多くみられました。
シミ消し効果に満足しなかった人も、肌色のトーンアップは実感できるケースが多いようです。

シミについては、継続利用によって「薄くなった」という口コミが多くみられましたが、「完全に消えた」という口コミは私の見る限りありませんでした。
ビーグレンのホワイトクリーム1.9よりも高濃度のハイドロキノンでも濃いシミを完全に消し去るのは難しく、美容皮膚科でもレーザーを併用することが多いそうなので、ハイドロキノンではシミを消すというよりも、「薄くする」「目立たなくする」と考えた方が良いようです。

しかしシミの輪郭が薄くなれば軽いメイクでもほとんど目立たなくなるので、かなり違いを実感できますよ!

ビーグレン】QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9をお得に購入する

シミや色素沈着に悩んでいる方には是非試してほしいQuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9ですが、まずは肌に合うか?をトライアルセットで試してみることをおすすめします。

QuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9が格安で試せるトライアルセット

トライアルセットのQuSome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9は5g入り。
通常商品の15g入りは定価6,000円(税抜)なので、5gのホワイトクリームと更に4アイテムのサンプルがついて1,800円(税抜)のトライアルセットはかなりお得です。

ホワイトケアトライアルセットの内容

  • QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)
  • QuSomeローション (20mL)
  • Cセラム (5mL)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)
  • クレイウォッシュ (15g)

通常商品の価格から換算するとトライアルセットの価格は71%オフ

しかも注文日から365日間の返品・返金保証があるので、もし肌に合わない・効果がない。ということがあっても安心です。

トライアルセットだけでシミを改善するのは難しいかと思いますが、使い心地や肌に合う合わないの確認もできますし、短期間の利用でも顔色のトーンアップ効果を得られた人は多いです!
また私はQuSomeホワイトクリーム1.9目的でこのセットを購入しましたが、意外にも(!?)クレイウォッシュもかなり気に入ってしまいました。

「ホワイトケアトライアルセット」を使ってみた口コミレビューはこちらです。

【ビーグレン口コミ】ホワイトケアトライアルセットで悪い評判を検証/シミ効果なし?【b.glen】

ライン使いすることでより効果が出やすい!という口コミもありましたね。
ビーグレンの人気商品が贅沢に試せるお得なセットなので、是非チェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です